サイナスリフト(奥歯のインプラント治療)

石神井公園駅北口徒歩1分、歯周病専門医インプラント認証医、たけのうち歯科クリニックの竹之内です。当院は、歯周病・インプラント・審美歯科・予防歯科に積極的に取り組んでおります。

上顎臼歯部(奥歯)のインプラント治療を行う際に重要なことの1つとして、骨頂から上顎洞までの距離があります。

上顎洞とは副鼻腔とも言いますが、鼻の両側にある空洞のことです。

上顎洞の中は粘膜で覆われており、粘膜の表面には「線毛」と呼ばれる細い毛が生えています。線毛は、外から入ってきたホコリや細菌、ウイルスなどの異物を粘液と一緒に副鼻腔の外へ送り出す働きを持っています。

img_illust-02.gif

上顎洞には奥歯の根の先端が近接しているので、根の病気を放置していたりすると上顎洞に炎症が波及して、上顎洞炎を併発したりすることがあります。

上顎の奥歯に相当する部位にインプラントを埋入する際には、この上顎洞にインプラントが出たりして上顎洞炎を引き起こさないよう注意が必要です。

下のレントゲン写真の患者さんは、既に3本のインプラントを埋入していますが、最後のインプラント埋入として左上(写真では右上)の奥歯に行うことを予定していました。

しかしながら、骨頂から上顎洞までの距離があまりなく、十分な長さのインプラントが埋入できないことが術前検査でわかりました。

TN2.jpg

そのような際に応用するのが、上顎洞底拳上術(サイナスリフト)というテクニックです。

インプラントを埋入する際に上顎洞内の粘膜を拳上し、拳上した粘膜下に骨移植を行うことで、骨頂から上顎洞までの骨量を増やすことを目的とします。

operative_p03.gif

下のレントゲン写真は、先日サイナスリフトを行ってインプラントを埋入した後のものですが、インプラントの先端の上方に白いドーム状のものが認められると思います。

これが上顎洞底を拳上し人工骨を移植した状態になります。

インプラントが上顎洞に出ることなくしっかり埋入することができました。

インプラントは既存の骨に固定されており、移植した人工骨は徐々に自分の骨に置換していきます。

TN1.jpg 

骨量が少ない場合でも、このようなテクニックによりインプラントを埋入することができますので、参考になさってください。

 

 

カテゴリー:インプラント治療 ,治療例  投稿日:2013年1月26日

お気軽にご相談ください

最新記事

ジャンル別記事

月別記事

年別記事

〒177-0041
東京都練馬区石神井町 2-15-8 グリーンフォレストⅡ2F
03-6913-4618
石神井公園駅北口1分

地図・診療時間を詳しく

PICKUP CONTENTS

ピックアップコンテンツ

スタッフブログ

過去のスタッフブログはこちら

© たけのうち歯科クリニック
ページトップ