インプラントを用いた入れ歯 

石神井公園駅北口徒歩1分、歯周病専門医インプラント認証医、たけのうち歯科クリニックの 竹之内です。当院は、歯周病・インプラント・審美歯科・予防歯科に積極的に取り組んでおります。

 

下顎の総義歯(総入れ歯)で苦労している患者さんは非常に多いと思います。

食事や会話をしていると外れる・・・ 痛くて噛めない・・・・

歯周病や適合不良の入れ歯の長期使用などにより、歯槽骨(顎の骨)が高度に吸収すると、義歯が安定しづらくなることがあります。

そのような場合に、インプラントを義歯の維持に用いることで、より快適な義歯を作製することができます。

今回は、昨年末に装着した、インプラントを使用した義歯(インプラントオーバーデンチャー)の紹介です。

 

患者さんの訴えは、前歯のブリッジが外れかかっており、義歯はガタガタして全然噛めないとのこと。

口腔内を見ると、前歯部には接着性ブリッジやクラウンが装着、臼歯部の多くは欠損しており部分義歯が装着されていました。

IMG_2543.JPG

診査の結果、両側の犬歯以外は保存不可能であり、抜歯を余儀なくされました。

すでに歯が欠損していた臼歯部の顎堤は高度に吸収しており、新たに作製する義歯の維持向上のために、この犬歯を活用することを考えましたが、

負担が大きすぎると判断。

そこで、インプラントを併用することになりました。

両側犬歯間に2本のインプラントを埋入し、アタッチメントを装着。 

 埋入前                             埋入後、アタッチメント装着

IMG_5160.jpg  IMG_8654.JPG

このアタッチメントに義歯がパチッと嵌ります。

アタッチメントを調整することで、義歯を外す際の力加減を変化させることもできます。

 インプラントオーバーデンチャー装着

IMG_8639.JPG

インプラントと天然歯の上に総義歯が装着されています。

より安定した義歯を作るため、このようにインプラントを用いる方法もありますので、

義歯でお困りの方はご相談ください。

カテゴリー:治療例 ,インプラント治療  投稿日:2012年1月8日