石神井公園 歯医者 たけのうち歯科クリニック

歯の移植

歯の移植による治療を紹介しています。

歯の移植による治療

親知らずの移植

 奥歯が虫歯や歯周病で失われてしまった場合には、通常はブリッジや入れ歯、インプラント治療を行いますが、親知らずがあって条件が整っている場合には、その親知らずを移植して噛めるようにすることができます。

治療例

 
一番奥の歯の虫歯が進行して、
保存不可能なため抜歯をすることになりました。
  奥歯を抜歯しました。
 
親知らずを抜歯したところです。歯根は単根歯で、
歯根膜を傷つけることなく抜歯 ができました。
 
 
抜歯をしたところに、親知らずを移植しました。
親知らずが動かないように、縫合糸で抑えています。
  術後です。移植した親知らずは周囲の
組織と生着し、しっかり噛めるようになりました。

 親知らずの形態や患者さんの年齢が、移植した歯の予後に大きく関係します。歯根が分かれていない(単根歯)、年齢は40歳以下が望ましいと言われています。
歯の移植は、様々な条件が整わないと難しい場合がありますので、ご相談下さい。

ページのトップに戻る